うらら歯科ケアクリニック品川|お悩み別歯科治療Web TOP > 歯並びが気になる

歯並びが気になる

歯並びは歯科医院で直ります!

歯並びは歯科医院で直ります!

歯並びは歯科医院で直ります!

歯並びの乱れは発音や噛み合わせにも悪影響を与えますが、それ以上に見た目の問題で精神的にコンプレックスになってしまっている方も多いことでしょう。歯並びの乱れは、矯正歯科治療で改善できます。うらら歯科ケアクリニック品川では、歯並びでお悩みの皆さまに自信を持ってもらえるよう、美しく機能的な歯並びに整える治療を行っています。

理想的な歯並びとは?

矯正歯科の観点から見た「理想的な歯並び」の条件をご説明します。当クリニックでは、下記の歯並びを目指して治療を行っています。

正中線が直線

正面から前歯を見て、上の前歯と下の前歯の間の線がそのまま直線になっている状態。

1歯対2歯

犬歯より奥にある歯が、上1本・下2本で対になっている状態。

Eラインのバランス

横顔になったときの鼻先から下あごにかけてのラインが整っている状態。

適切な深さ・突出

歯を噛み合わせたときに、上の前歯が下の前歯に約2ミリ水平・垂直に被さっている状態。

悪い歯並びの例

治療が必要な歯並びの例をご紹介します。下記の歯並びでお悩みの方は、まずはお気軽にご相談ください。

開咬

開咬 口を閉じているつもりでも前歯に隙間が開いてしまい、歯が噛み合わない状態。幼児期の指しゃぶりが原因になっていることが多く、発音に問題が生じることもある。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう) 噛み合わせが非常に深い状態。正面から見ると下あごの前歯が上あごの前歯に完全に隠れてしまう。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい) 歯の大きさに比べてあごが小さいために、本来は歯が生えない場所から歯が生えてしまっている状態。汚れが溜まりやすく、虫歯になりやすくなる。

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突) 上の前歯が下の前歯よりも大きく前に突き出している状態。上あごの歯並び全体が飛び出している場合もある。

受け口(下顎前突)

受け口(下顎前突) 下の歯が上の歯よりも前に飛び出している状態。咀嚼が困難になり、発音も聞き取りにくくなってしまうことがある。

上下顎前突

上下顎前突 上下両方の歯が前に飛び出してしまっている状態。唇を閉じることができない場合もある。発音にも問題が生じやすい。

矯正歯科治療

矯正歯科治療というと、歯の表面に金属製のワイヤーを装着するイメージをお持ちの方が多いかと思います。しかし、現在では目立たないタイプや外側からは見えないタイプなど、さまざまな方法が選択できます。

メタルブラケット

メタルブラケット

金属製の装置(ブラケット)とワイヤーを使用して矯正する、もっともポピュラーな方法です。目立ってしまうというデメリットはありますが、薄く丈夫に作れるため、違和感を抑えてしっかりと歯を動かすことができます。他の矯正方法に比べて費用も安く済みます。

セラミックブラケット

セラミックブラケット

白いセラミック製のブラケットを使用した矯正方法です。歯と同じ色の装置を使用するため目立ちません。強度もメタルブラケットとほぼ変わりませんが、費用は多少高額になります。

床矯正

床矯正

成長途中のお子さまに適した矯正方法です。入れ歯に似た装置を装着して、成長に合わせてあごを拡大していきます。早期に治療することで、大人になってからの治療が必要なくなることもあります。

裏側矯正

裏側矯正

歯の裏側に装置を装着することで、周囲からは矯正をしていることがわからないようにできる矯正方法です。歯の裏側は唾液の量が多くエナメル質も厚いため、虫歯になりにくいというメリットがあります。

すきっ歯にお困りなら ラミネートベニア

すきっ歯にお困りなら ラミネートベニア

「矯正」とは異なりますが、軽度のすきっ歯であれば、歯の表面にセラミックの板を貼りつけるラミネートベニアで対処できます。歯を動かす必要がなく自然に仕上がるため、手軽に見た目を整えたい方におすすめです。

歯をキレイにしたら、予防歯科でメインテナンス

ホワイトニングで歯を白くしたい